Q1バストの構造上の左右差は何故生じるの?
女性の乳房は、本来授乳目的の臓器であるため乳腺・乳輪・乳頭が発達しています。バストの左右差や形も骨格や筋肉の量、乳腺や乳輪の形状、バストの皮膚の伸展率などに影響されることもしばしばあります。例えば背骨が歪んでいると肋骨の片方が前方に張り出して、同じ側のバストが見かけ上大きく見えることもよくあります。最も大きい要因はやはり乳房内の脂肪組織の量です。授乳を経験された方は、エネルギーを消費されて脂肪分が減るためと、皮膚が過剰に伸展されるために肉割れや下垂、乳輪の拡大や乳頭の過伸展が生じることもしばしばあります。また右利きの人は、正面から見て右側のバストの9時〜12時方向の脂肪が薄い傾向があります。
Q2乳輪縮小手術、他院との違いは?
1.傷跡が最も目立たないような内輪切除法を選択します
2.当然ですが授乳機能を温存します。(授乳を終えられた方も分泌物の出口である乳管の温存は重要です)
3.傷のし開と乳頭への血流障害など従来法の問題予防する目的で、当院オリジナルの3重巾着縫合を施します。
4.乳輪縮小手術や豊胸手術との同日併用も可能です。
5.傷のギャザーリング予防目的として最も密な16方向に丁寧にキャンバス縫合をします。
6.他院様の修正も承っております。
Q3乳頭縮小手術、他院との違いは?
1.乳頭皮膚の形状異常には大きく分類して1.伸展タイプ2.肥厚タイプ3.瘤タイプ4.混合タイプの4タイプがございますが、当院ではどの形状にも対応致しております。
2.当然ですが授乳機能を温存します。(授乳を終えられた方も分泌物の出口である乳管の温存は重要です)
3.傷跡が最も目立たないような部位を選択します
4.乳輪縮小手術や豊胸手術との同日併用も可能です。
5.傷のし開など従来法の問題予防する目的で最も密な16方向に丁寧にキャンバス縫合をします。
6.他院様の修正も承っております。
Q4下垂バストを改善する従来法との違いは?
マンマリダクション」といって下垂した乳房を余剰皮膚ごと切り取る手術しか過去100年近くの間、有効な方法はありませんでした。マンマリダクションにもさまざまな切り取りデザイン案がありましたが、いずれも傷が目立つ上に壊死や神経損傷および感染等のリスクも高く、乳輪も移動するため必ずワッペンシールを張り付けたような不自然な形状になりました。一方で下垂のタイプには1.バストの脂肪量が多くて(重くて)下垂している場合2.皮膚のタルミが原因で垂れている場合3.乳輪の拡大が優位または伴っている場合4.上記原因が混合している場合等があり、肉割れ線や乳輪のシワが気になる方も含めるとその程度も様々です。など、当院ではその方に最も合う方法を選択して頂けるように、最新技術をいくつも開発して参りました。リスクが高く傷跡が目立つ手術を選択しなくても済むような方法を幾つか御提案させて頂きます。
Q5下垂バストを改善する低リスクの具体的方法は?
1. バストの脂肪量が多くて(重くて)下垂している場合には、伸びきった皮膚のタルミも改善してバストアップが図れるVASER超音波モードによる特殊吸引が適応となります。
2. 皮膚のタルミが主な原因でその程度が軽度から中等度の場合で豊胸も御希望される方には、下垂改善特殊デザインの豊胸術が適応となります。
3. 皮膚のタルミが主な原因でその程度が軽度から中等度の場合で豊胸を御希望されない方には、特殊糸によるオーダーメイドデザイン吊り挙げ術が適応となります。
4. 乳輪の拡大が優位または伴っている場合で乳輪縮小も御希望される方には傷跡が最も目立たない当院オリジナル内輪切除法を適応または併用します。
5. 皮膚のタルミが主な原因でその程度が軽度の場合で最も低リスクの施術を御希望される方には、次世代エレクトロポレーション「MESOACHTYS」が適応となります。
6. 皮膚のタルミが主な原因でその程度が軽度の場合で肉割れ線やシワが目立ち、低リスクの施術を御希望される方には、ネオ・ダーマローラーが適応となります。
Q6肋骨の間の凹凸やデコルテなども美しくできるの?
はい。可能です。当院では再生豊胸術などでオーダーメイドデザインの際にご要望を承れば、より美しく若々しいデコルテの形成や骨格による凹凸の改善も行っております。
Q7漏斗胸や樽状胸など骨格の異常や変形はどの程度改善されるの?
軽度のものならある程度の改善が見込めますが、中等度以上になりますと改善は可能ですが非常に困難です。漏斗胸や樽状胸など中等度以上の骨格の異常や変形がある場合は、先ずNASS法等の骨格矯正手術をお受けになった方が宜しいでしょう。背骨が歪んでいる方で歯の咬み合わせが良くない方は、意外な事実ですが先に歯の矯正をされると背骨の歪みが治ってくることもございます。
Q8乳がん切除後の豊胸は可能なの?
可能ですが切除後の状態によって術式の選択を要します。切除量が少ないか瘢痕が小さい、または引き攣れを生じていない場合には自己組織による豊胸術でも効果が充分見込めます。瘢痕が引き攣れを起こしていたり、皮膚の伸展が十分でない場合は脂肪注入よりもシリコンバッグ挿入術が適応となることが多いと思われます。いずれの場合も抗ガン剤を含めて乳がんの治療継続中の方は、リスクが伴うため当面の間豊胸手術はできません。
Q9体重が40kg前後でも豊胸手術は受けられるの?
はい。非常に困難ですが可能です。当院ではVASERHiDEFミケランジェロという、従来の脂肪吸引を超えた新次元の脂肪吸引を既に始めており正統伝承の技術をもっております。他のどんな吸引機器よりも脂肪を安全にかつ出来るだけ大量に吸引して理想のボディーラインを実現できる究極の専用機器と技術です。これを用いて40kg未満の方の脂肪吸引も行った実績が多数ございます。
Q10豊胸サプリやエステ豊胸・豊胸体操とどこが違うの?
豊胸サプリやエステによる豊胸ではどんなに一時的に大きなバストが得られたとしてもやはり、リバウンドしてしまいます。エステによる豊胸ではマッサージによって乳房内の脂肪に炎症や物理的破壊によって不可逆的なダメージを与えてしまうこともあります。一方、豊胸サプリの中には成分がまだ不明瞭なものもあり、ホルモン様物質によって乳腺に作用して一時的に乳腺を大きくさせるものもある様ですが、そのことが却って乳房内の脂肪を燃焼させてしまい結果的にバストのボリュームがダウンすることもございます。豊胸体操(女性ボディービルダーの様な過剰な大胸筋の運動)をしてもやはり脂肪の燃焼に陥って却って平たいバストになってしまうこともあります。
Q11ヒアルロン酸(Sub-Q)注入とはどこが違うの?Kunoクリニックがヒアルロン酸(Sub-Q)をしない理由とは?
バスト注入用のヒアルロン酸は中国製でなければ1ccあたり3000円程度の相場ですが、片方200ccだと両方で120万円程度かかる割に約6ヶ月の満足しか得られません。やがてはヒアルロン酸に依存した(ヒアルロン酸を追加し続けないと形や張りが維持できない)バストになってゆき、却って膨大な費用がかかります。しかもヒアルロン酸でいっぱいになったバストの弾力は不自然で、低反発クッションの様な陥没が出ることもしばしば見受けられます。加えて一度ヒアルロン酸で豊胸をされてしまえば、今度脂肪注入による豊胸手術をする場合に除去しないと、生着率に悪影響がでてくる可能性(注入脂肪の壊死など)があります。乳腺内に入れられてしまうとシコリを形成したり除去しづらくなったりすることもあり、これは現場でその様な問題に当たったことのあるDrの間にしかあまり知られていない事実です。
Q12人工物(シリコンバッグ・インプラント)で左右差改善や谷間形成ができるの?
人工物は万一何かあっても抜去できますが仕上りが不自然になることがしばしばあります。元々の骨格や筋肉レベルの左右差が著名であれば大胸筋下に挿入されると左右差が増大してしまう傾向があります。一方、乳腺や脂肪層の厚み等のレベルで左右差がある場合も同様に、たとえ左右で異なる大きさのシリコンバッグを挿入されたとしても、全く同じ形や大きさの乳房になるとは限りません。簡単な喩えですが、富士山を横から見た場合に5合目以下の土台の大きさや形が違う場合に5合目以上の形に差をつけても全く同じ形の富士山にはなりません。その逆もまた然りです。しかし、それでも左右差を改善することはある程度は可能です。それには手術結果の予測とオーダーメイドデザイン、バッグの細かいレベルのオーダー発注が不可欠です。谷間形成には、手術手技上の問題として内胸動脈の穿通枝や神経の損傷を防ぐことと、左右のバストの皮膚がトンネル化によってつながったりすることが無い様に留意しなければなりません。傷跡が目立たない腋窩のシワからの挿入法なら、なお高い技術力が必要です。
Q13脂肪注入や再生豊胸で左右差改善や谷間形成ができるの?
当院では従来より脂肪注入や再生豊胸において、手術費用内でしこり形成予防目的で分離・分散注入を徹底して行って参りました。更に、この技術を極めてゆくにつれて谷間形成や左右差の改善ができるようにもなって参りました。極端な左右差は一度で改善することは困難ですが、今では様々なバストの立体的形状を考慮しつつ、独自の技術の改良や注入の微調整である程度まで左右差改善や谷間の形成ができるようになりました。それにはやはり、手術結果の予測とオーダーメイドデザイン、実際に微調整ができる注入技術が不可欠です。
Q14他のクリニックとはどこが違うの?
当院ではカウンセリングや打ち合わせで十分なお時間をとらせて頂いております。MENUも豊富で、例えば下垂バストを改善させる方法には、業界最多MENUの7通りもあり、バスト形状からの適応や最も効果的な方法および低リスク・低費用でできるものまで幅広く選択して頂けます。更に、当院で手術の御予約を頂きましたお客様には手術時間を充分にお取りさせて頂き、オーダーメイドデザインも致します。オーダーメイドデザインと申しましても一つ一つの技術グレードは勿論のこと、総合技術力がないと意味がありません。
当院には濃縮還元した幹細胞を生体内で安全に増殖させる世界初のハイグレード再生医療豊胸術に成功しています。数ある脂肪注入や再生豊胸の中でも、手術後にバストサイズが殆ど減らない症例や、バストがサイズアップした症例を数多く輩出している(少なくとも2010年までに学会発表をしている)クリニックは、世界中でも当院をおいて他にございません。再生豊胸
更にこの技術を用いてシリコンバッグを抜去し、同時に再生豊胸を行う最も技術レベルの高い手術も数多く成功しています。→シリコンバッグ抜去+再生豊胸
また、当院ではVASERHiDEFミケランジェロという、従来の脂肪吸引を超えた新次元の脂肪吸引を既に始めており正統伝承の技術をもっております。他のどんな吸引機器よりも脂肪を安全にかつ出来るだけ大量に吸引して理想のボディーラインを実現できる究極の専用機器と技術です。
VASERHiDEFミケランジェロ
Q15ハイグレード再生医療豊胸術と通常の再生豊胸術との違いは?
通常の再生豊胸レベルでは、脂肪幹細胞を遠心分離して混入させるだけで、生体内で生着・増殖・分化・成長・組織形成をさせることが確実にできているかどうかが不明でした。その一方で、たとえ生体外(試験管や培養機械内)で確実に増殖や分化を誘導できたとしても化学薬品やウイルスベクター等に晒された細胞では未知のリスクが伴うため、人間が意図的に操作する方法は当院では採用されません。当院で採用されている方法は、安全性が確認されているものを組合せ、ご本人様の細胞自身の働きに任せる方法です。生着した細胞自身の判断で増殖・分化・成長・組織形成できるように細胞環境を生体内で整える手術です。再生豊胸
Q16同じグレードの手術で生着率が同じでも仕上がりのカップ数UP度に個人差があるって本当?
下着メーカーが採用しているバストカップの定義では、アンダーサイズとトップサイズの差が10cmでAカップ、12.5cmでBカップ、15cmでCカップ・・・という具合に2.5cmで1カップUPする計算になります。すると、元々のバストのサイズがフラット(AAA以下)なのかA,B,C,D,Eカップそれ以上のカップなのかによって、例えば同じ100ccのボリュームを注入してもAカップに満たない場合や、注入部位や皮膚の伸展度などにもよりますが直後に2カップ近くアップする場合もあります。
Q17細胞の生着率の程度と仕上がりのカップ数UP度が違うって本当?
注入された脂肪や脂肪幹細胞の生着率には、手術のグレード以外にも、術前の体格やバストの状態、年齢、授乳歴および最終授乳からの年月、皮膚の伸び率(硬さ)、血行状態、運動や栄養状態などある程度は個人差もあり、それらを総合的に考えなければなりません。細胞や組織の生着率(注入量に対してどれだけ残ったかの率)と、手術効果の指標であるカップ数UP度(注入量に応じてバストの皮膚が伸びることや元々のカップ数も重要な要因)とは元々異なるレベルの問題です。勿論生着率を上昇させることも手術効果を上げるための重要な要因の一つであることは当然言えます。
Q18生涯満足のゆく豊胸術とは?
理想を申し上げれば、手術したことが他人に判られず、ご本人様がおばあちゃんになるまで自信を持ち続けて頂ける様な本物のバストを形成することでしょう。注入脂肪が術後に減らず、見た目も自然な左右対称で谷間ができ、触れた感じも自然な弾力で柔らかく仰臥位で流れる様な質感をたった1回の手術で実現できるのであれば、もうシリコンバッグはいらなくなるでしょう。ご本人様ご自身の細胞の力で生まれながらのバスト(脂肪層)を創らせることこそ、究極の豊胸術だと考えられます。当院の再生豊胸はそれを目指して日々研鑽と手術手技の改善を行っております。
Q19脂肪注入術とは?その限界は?
1回の手術で脂肪を注入しすぎると良くない理由
1.痩せている人や必要量を確保するのに3部位以上の吸引が必要な人で、吸引部が多くなれば身体の負担がか
かり、麻酔中毒等のリスクが大きくなる(禁忌)
2.片方のバスト当りの注入許容量は、皮膚の伸び率や授乳歴、元々のバストの大きさ、年齢などにもよるが300〜
400ccで、それを超えると酸素や栄養が行き届かなくなり、却って生着率が低下する
3.いくら分離注入をしても、中央に集約されるのでしこりができる可能性が高くなる
4.複数回に分けて注入した方がその前の手術で毛細血管網が増殖発達し、生着率が高くなる
5.生着率上限予想が難しくE cupを超えるとバストの皮膚が下垂することがある
Q20注入した脂肪は無くなるの?その効果は?
注入量と生着率には個人差があります。当院では、注入量は痩せている人でなければ(45kg以上なら)合計400cc以上を確保できます。(標準で500cc、最大900cc程度です。)また、生着率の目安は従来法で20〜30%(ひとまわり=1カップアップ未満)、分離注入+馴らし揉み=標準注入で最大50%前後、濃縮幹細胞注入で60%、成長因子追加で70%程度でしょう。勿論、生着したものは一生もので、元々バストが大きい人と見分けがつかないくらい自然に仕上がります。但し、術後激しいダイエットや授乳、大胸筋を鍛えることをすれば多少痩せることもあります。
Q21入院・通院は?
当院の手術は全て入院不要の日帰り手術です。傷がつく手術の場合で術後に問題がなければ7日後の抜糸日に診察を兼ねますのでいずれも特に必要ありません。万が一合併症が起こった場合にはすみやかに開院時間内に御来院下さい。当院では無料アフターケア制度があり、合併症が起こった場合に対応しています。カウンセリング日に手術のご予約を御取りになれば、最短で1日でも可能です。つまり、たった1日でカウンセリングと手術が可能です。抜糸不要の溶ける糸で縫合することも可能です。自然脱落を待つかご自分でも抜糸が簡単にできます。
Q22麻酔は?
大別して当院では意識のある局所麻酔と、意識が無くなる全身麻酔を選択できます。局所麻酔の利点は痛みを緩和するのみでなく、腫れさせることにより局所の出血を抑え、血管収縮薬で更に止血し、神経損傷も回避できます。更に、脂肪組織を柔らかくして繊維組織も剥がしながら破砕しますので吸引をスムーズにさせます。一方、全身麻酔や静脈麻酔等の場合には費用が別途かかる上に、呼吸抑制や血圧変動、不整脈や静脈炎、体動や記憶の混乱などの合併症を引起すこともあるため、手術当日自動車の運転の禁止と絶食が必要です。
Q23手術料金は?
料金表
医療ローンでのお支払いも可能です。当院の医療ローンは複数のローン会社と契約しており、ローン会社の中で最も金利の安いところもお選び頂けます。いずれも最高60回払いまで可能です。
Q24保証やアフターケアは?
合併症が生じた場合には処置やアフターケアを全て無料で致します。(再手術は時期の制限や適応基準があります)
結果に満足されない場合や術後の後戻り、合併症により生着が思わしくなかった場合の手術や他の方法を併用する場合には原則有料です。
Q25再手術は可能なの?再手術までの期間は?
バストの再手術は炎症や腫れが完全にひく3ヶ月以上経てば可能です。3ヶ月以内の再手術は、傷跡が目立つリスクが高く、自己組織による豊胸ならしこりが起こりやすいと言われています。他院様で行なった方も、手術した日やその内容を出来るだけ具体的に申し出て下さい。
Q26他院手術後の修正は?
他院様の手術で不完全または凸凹になった方、注入異物などで変形した方、バストでしこりが起こった方、左右差がある方、谷間を形成したい方など修正手術をご希望であれば、一度当院に御来院の上、診察やカウンセリングをお受け下さい。当院にはより綺麗に細く仕上げる技術があります。



  • トップページ
  • 施術メニュー
  • 料金一覧
  • 銀座院の案内
  • 梅田院の案内
医療法人 美来会
 美容外科 デザイナーズ & アーティスツ Kunoクリニック

銀座院 0120-874-432
〒104-0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2F
受付時間 9:00 - 21:00
24時間受付 無料メール相談 24時間受付 無料カウンセリング予約
医療法人 美来会
 美容外科 デザイナーズ & アーティスツ Kunoクリニック

梅田院 0120-454-902
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200号 大阪駅前第4ビル2階
受付時間 9:00 - 21:00
24時間受付 無料メール相談 24時間受付 無料カウンセリング予約